こんなお悩みありませんか?

  • クリニックで治療を受けているがなかなか妊娠できない
  • 自然妊娠希望だがうまくいかない
  • 2人目、3人目不妊に悩んでいる
  • なかなか着床しない
  • 移植に何度も失敗した
  • 卵の質が悪い
  • 子宮内膜が厚くなりにくい
  • 高FSH、低AMHなどホルモン値がよくない
  • 体温が低い、高温期が続かない
  • 周期が安定しない
  • 生理痛がきつい
  • 特に原因が見つからないのに妊娠できない
  • 不妊鍼灸を受けているけど(受けたことがあるけど)あまり効果を感じない
  • 不妊鍼灸を受けているけど(受けたことがあるけど)痛くて行きたくない

なぜ鍼灸で妊娠しやすくなるの?

長年不妊治療をしているけどなかなか成果が上がらない。
特に検査では問題ないのに妊娠出来ない。
卵の質が悪い。

このような悩みを抱えている妊活女性はとても多いです。
実際当院に来院されている方も、このような悩みを抱えている方がほとんどです。
しかし鍼灸治療によって悩みを解消し、ゴール(妊娠)を迎えている方がたくさんいらっしゃいます。

なぜ鍼灸で妊娠しやすくなるのか?
それは鍼灸の得意とすることが血流改善であり、また妊娠する上で重要なことも血流改善だからです。

子宮や卵巣にホルモンや栄養を運ぶのは血液です。
その血液の流れが滞ってしまうと、子宮や卵巣にしっかりホルモンや栄養を運ぶことができず、
卵の質の低下、子宮内の温度低下がおきます。

鍼灸で使用するツボには、そのツボを鍼や灸で刺激することで実際に体の各部の血流量を増やすことが証明されている箇所がいくつもあります。
血流量を増やし循環を良くすることで必要な場所に必要なホルモンや栄養を届けることができるようになります。

自律神経やホルモン分泌を整えるのも鍼灸の得意分野。
自律神経は身体のバランスを整え、身体の機能を正常なものに保つ働きがあります。
例えば血管を収縮させて血流量を減らしたり、拡張させて血流量を増やしたりするのも自律神経の働きの一つです。
高FSHや低AMHなどホルモン値で悩まれている方も鍼灸治療を受けてから良い値で安定される方がたくさんいらっしゃいます。

不妊症に鍼灸治療が有意であるという学術データは複数あります。(以下にいくつか紹介しています)

またWHO(世界保健機関)が掲げる鍼灸の適応症にはもちろん不妊症も含まれています。

クリニックでの不妊治療はもちろん大切です。
でも現代医学(西洋医学)ではできないこともあります。
そして東洋医学・鍼灸だからできることがあります。

鍼灸を取り入れて、より妊娠しやすい身体をつくりませんか?


不妊治療実績豊富
 データを公開しています

当院は不妊治療に非常に力を入れています。
これまで不妊に悩む患者さんを中予地区を始め愛媛県全域、近隣県の方までたくさん診させていただきました。
当院は2014年から不妊治療に関するデータを公開しておりますが、愛媛県内で同じようなデータを公開している鍼灸院は2020年現在ありません。
豊富な臨床データに基づき最良の施術を提供できるよう心がけております。

当院の最新の妊娠率は68.7%です。
(現在施術中の方や3ヶ月以内に諦めてしまった方はのぞきます)


痛みのない鍼治療にこだわっています

鍼を受けられたことのない人は鍼に対して「痛い」「怖い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
過去に痛い鍼治療を経験された方もいらっしゃるかもしれません。

鍼治療にも様々種類があり、確かに痛い治療も存在します。

ですが当院の鍼治療はほとんど痛みを感じることはありません。
使用する鍼も一般の鍼灸院で使われる鍼よりもかなり細いものです。

不妊鍼灸を受けられる方は鍼が初めてという方も多くいらっしゃいますが、
皆さん「ぜんぜん痛くない」「鍼刺してるんですか?」とおっしゃられるほどの刺激です。

ちなみに鍼は「太い鍼を深く刺して、痛ければ効く」というものでは全くありませんのでご安心ください。


当院の不妊治療の3つの柱

  1. 質の良い卵をつくる!
  2. 卵管を快適な通り道に!
  3. 子宮を着床しやすい状態に!

良質な卵を育てるため、身体を妊娠しやすい状態にするために必要なホルモンや栄養素は全て血液によって運ばれます。

鍼灸治療や整体、光線療法によって血液循環を促し、
常に卵に栄養が行き届く体内環境をつくりましょう。

血液が行き届くことで卵管や子宮の老廃物も血液と一緒に流され、
妊娠しやすい状態になります。

妊娠への第一歩は常に良好な体内循環環境をつくることです。


不妊症に対する
鍼灸の効果を表した公的データ

アメリカ生殖医学会

体外受精の胚移植時に鍼灸治療を行ったかどうかで
着床率を調べた結果

鍼灸治療なし → 26%(通常)
鍼灸治療あり → 43%

鍼灸治療の有無で着床率に17%の差があったと発表されています。

明治国際医療大学

過去に5回以上体外受精を行って一度も妊娠をしたことが無い方、114人を集め、一定期間鍼灸治療を行いました。
その後、体外受精を行った結果49人が妊娠しました。
(※約43%の確率)

過去5回の体外受精を行って1回も妊娠したことがない方は
妊娠がかなり困難ということになります。
この研究ではランダムに114人集めて鍼灸治療をしたというわけではなく、妊娠が困難な患者さんを114人集めて鍼灸治療を行なったため、クリニックでの不妊治療だけではうまくいかなかった方への鍼灸の施術が有意であることを示すデータとなります。

その他学術データとして

  • 卵巣関連神経部位への鍼刺激による卵巣周囲部への局所的血流増加
  • 採卵前の鍼灸治療有無による胚盤胞到達率比較において、鍼灸治療を実施した場合の方が胚盤胞到達率が有意に高い

等のデータがあります。


「スーパーライザーPX」
を導入しています

当院では鍼灸治療に加え、「スーパーライザーPX」を不妊治療に取り入れています。

従来の光線治療器よりも深部まで熱を伝えることが可能で、
妊娠に関連する器官の血液循環をより高める効果が実証されています。

また星状神経節という交感神経の集合体のような場所に照射することで、交感神経(緊張する時に働く神経)を抑制し
副交感神経(リラックスする時に働く神経)の働きが強くなり、脳・全身の血流上昇の効果が認められています。

まず全身の血液循環に大きく影響を及ぼす星状神経節(首周辺)に照射します。
その後、不妊治療に直接関連するツボ・血管等を狙って照射をしていきます。
痛みや副作用等はありませんのでご安心ください。


お子様も一緒にご来院いただけます

1人目は無事妊娠・出産することができたけど、2人目、3人目をなかなか妊娠することができずお悩みの方もたくさんいらっしゃいます。
お子様がいらっしゃる場合はご遠慮なく一緒にご来院ください。

おひとりで遊べる年齢のお子様でしたらお部屋をご用意しております。
赤ちゃんや小さなお子様の場合は施術中、担当のスタッフがお預かりします。
ご予約の際、事前にお知らせください。


施術の流れ

1 ご来院

ご来院ありがとうございます。
まずは当院のご案内ブックをお渡ししますのでそちらをお読みになってから問診票を記入していただきます。

2 問診

患者様のこれまでの経緯、現在の状態についてお話をお聞きします。

3 説明

どのような施術を行なっていくか等説明を行います。
わかりにくい点があればご遠慮なくお尋ねください。

4 施術

基本的に仰向け→うつ伏せ→仰向けの順に施術を行なっていきます。
鍼とお灸を使用した施術を行います。
鍼は手足や背中に、お灸は足に施術していきます。
(症状の状態によってはこの限りではありません)

5 確認

施術後、お身体の状態を確認し、今後の治療方針について詳しくお話します。

6 受付

受付にて料金をお支払いただき、次回の予定等お伺いします。