男性不妊について

実際に不妊治療経験のない方からすると、不妊は女性に原因があり治療は女性が受けるというイメージをお持ちの方も多いですが、実際はそうではありません。
現代医学において不妊は男性にも原因が存在することが少ないことがわかってきています。

WHO(世界保健機関)は不妊の原因がどちらにあるかという調査について以下のように発表しています。

  • 女性のみに原因があるカップル   41%
  • 男性のみに原因があるカップル   24%
  • 男女ともに原因があるカップル   24%
  • 原因不明             11%

「男性のみに原因があるカップル」と
「男女ともに原因があるカップル」を合わせると48%です。

つまり不妊に悩むカップルのうちおよそ半数が男性にも原因があることが分かっています。

クリニックで男性側の検査を受けていない場合は受けることをおすすめします。


男性不妊に対する
鍼灸の効果を表した公的データ

アメリカ生殖医学会

特発性精子減少症、無精子症、または奇形過精子症の40人を鍼治療を受ける28人と無治療の12人の2つのグループに分け、治療を受けるグループは5週間に渡って鍼治療を実施

結果として、全射精において超微細構造的欠陥のない精子の割合と数において治療を受けたグループが有意に増加を示したと発表されています。

つまり精子になんらかの問題があった方が鍼治療を受けると、精子の質・数ともに良化するというデータです。

ご夫婦ご一緒のご来院をおすすめします

「精索静脈瘤」などの疾患由来の男性不妊の解決には少し時間がかかりますが、「特発性造精機能障害」とよばれる原因不明な精子の数不足や運動率低下などは鍼灸治療により女性の体質を改善するよりも比較的簡単に改善します。

ぜひ「妊娠する確率」を高めるためにもご夫婦ご一緒にご来院ください。


施術の流れ

1 ご来院

ご来院ありがとうございます。
まずは当院のご案内ブックをお渡ししますのでそちらをお読みになってから問診票を記入していただきます。

2 問診

患者様のこれまでの経緯、現在の状態についてお話をお聞きします。

3 説明

どのような施術を行なっていくか等説明を行います。
わかりにくい点があればご遠慮なくお尋ねください。

4 施術

基本的に仰向け→うつ伏せの順に施術を行なっていきます。
手足や背中に鍼をうちます。
(症状の状態によってはこの限りではありません)

5 確認

施術後、お身体の状態を確認し、今後の治療方針について詳しくお話します。

6 受付

受付にて料金をお支払いただき、次回の予定等お伺いします。